美容看護師におすすめ!将来性のある資格

美容看護師の仕事は美容と医療の両面にまたがるものだ。従ってそのいずれか、もしくは両方の分野に関わる資格を取っておくと仕事に役立てることが出来、さらには将来的に仕事の幅を広げることにもつながるだろう。

美容面ではエステティシャンの資格がおすすめだ。認定を行っている団体は2つあるのだが、日本エステティック業協会(AEA)の「AEA認定エステティシャン資格」なら、エステ業界での勤務経験がなくとも認定校でのカリキュラムを修了し、試験に合格することで資格を取得することが出来る。この資格を取得することで美容に対する高い意識と知識を持つことが証明になり、患者さんからの信頼も厚くなる。さらに転職にも有利となることだろう。

医療面ではアロマテラピーやリフレクソロジーの資格がおすすめだ。日本アロマ環境協会の「アロマセラピスト」資格を取得すると、アロマトリートメントやコンサルテーションが出来るようになる。リフレクソロジーは、足裏を刺激することで体のバランスを整え巡りを良くしていくものである。資格はいくつかあるのだが、中でも日本リフレクソロジスト認定機構(JREC)の「JREC認定ライセンス」が有名だ。

アロマテラピーやリフレクソロジーは、美容やリラクゼーションだけでなく近年医療の現場でも緩和ケアや介護などに取り入れられており、注目の分野といえる。美容看護師としてのキャリアアップはもちろん、将来の転職の可能性も広げるものなのでおすすめの資格だ。